読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no subject

仕事用の写真を探していて少し過去の画像を入れてあるフォルダを開いた。
当時、いい事もあったし、とんでもなく悪い事もあった。というか悪い事が多かった。しかしところどころの写真を見るにつけ、懐かしく、愛しく思う、その度に、今の自分は当時の自分を全力でぶん殴りたいと思う。
写真は残酷だ。もう二度とそこにその私は居ない。同じ場所に同じ形で今在るという事は無い、と思い知る。
1年経った、1年も経った、たった1年、しか?
そうやってどんどんその位置から離れていくのだと思う。
そういう仕様だと思う。
よくわからない。

(多分少し眠ったほうがいい)

広告を非表示にする