花が咲くという動作において そこに起きている力の源を思う
もとはただ一個の小さな種子であったものが
広がり 茎の緑に 花の鮮やかな色になる
静かに 脈拍もなく脈々と続くさまを
眩しく見ている

広告を非表示にする