光を見に行く


私は笑っていたこともあるし、泣いていたこともあるし、苛立っていたこともあるし、つまりは、一介の人間であり、記憶及び内臓の詰め物だということです。

広告を非表示にする