炎天下、人通りの少ない通りのビルの警備員の女性が、小さな声で歌ってた。きれいな声。誰に聴かせるでもない声。
心のなかだけで、小さく拍手をした。

広告を非表示にする