読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れ果ての果て

ご親切にも今どきは携帯に歩数計機能がついていて「一週間にこれだけ歩こう!君は今日これだけ歩いたよ!」を表示して下さるのだが、半分どころか3割位が平均の生活を送っておりまして、いけないいけない、しかし仕事は自宅、つまりは「いけない」………と思う…

きれいなものあつめ

きれいだなあきれいだなあと思って撮るたびにカシューみたいな感じのスマホのシャッター音を聞く。聞いたような。聞いてないような。それって、ガラケーのときの音じゃなかったっけ?でも、どうでもいいな。どうでもいいや。段々薄れていく記憶に、焦りも寂…

煙る春

冬と春の境目に落ちた様な日が続いて、冬でも春でもない日を過ごしている。眠ったら、朝になったら、ご飯を炊こう、とか楽しそうな事をなるべく考えるようにする。雨が降っていて、きっと寝て起きた私はご飯を炊かない様な気がする。冷凍していたパンを解凍…

困った

確定申告の書類を作るのに、書類を提出する為の段取り等に、不足書類の発覚に疲れた。 故に回らない寿司を食ってしまった。回らないけど座れもしないやつ。立ち食い寿司。旨い。何か知らないけど旨い。旨いというのはうれしい。 炙りエンガワと炙りサーモン…

グラデーション

foundation

それも、どれも、こたえ。

名前を知らなくても

わさわさ

ただひたすらに

とにかく全力で撫でられる猫(妹)は大変不器用で愛しい

妹よ

おねいちゃんの顔を手を置く場所にしているがいいのかい

にゅるり

夏のようで春

こういう人工(壁)と草の組み合わせと、光と影が好きである 許されるなら暫く見ていたいが、ぼんやりしてたら大概蚊に刺されてるからな…

ふわふわ

幸福とは

幸福とは?

仕様

本当

本当のところをいえば、本当にどうでもいいんですよ、と言ったら、あなたは悲しいだろうか と考えることすら、どうでもいい日

花はいつか落ちる

予想の範疇

いっそ愛でるしかない徒労

うつくしさ

のようなもの

後頭部

ここにある筈もない

影で実体を知る

そら

ふわふわと人工

猫(妹)

新手の生き物っぽさ 姉2匹分くらいあるかもしれぬ 因みに姉のほうが少食かつ機敏

敷いたばかりの布団に

急いでかけより、ばふーんと座り込み領土権を主張する猫(姉)

ごろごろ

双子猫転がりし布団

猫めく

猫畑

闇に現

金魚の吐く泡みたいにかすかな

よやみ

闇に咲く咲く咲く花

音と光は同時に届かない

雷。神鳴り。 足を引き摺る様な疲労。徒労。 それでもまだ続く人生。はてさて。

花です すごく 花

猫猫

しゅるしゅるまざる2匹

春の暴力

きらきらと紫外線、日焼けどめにて対抗戦

沈黙はこぼれる

めったに行けない場所にめったにない居心地の良さが発覚する一抹の悲しみ

何だかよくわからない

花の名前を知らない

ノスタルジア

誰かの手を経て

ワールズエンド

循環が苦手でだから多分もう此処に来ない

経る

いつから いつまで 此処に在るのか

外殻

重なる重ねる鎮座ましましている

不連続

それでも安寧という言葉の内側に居る ひずみではなく ゆるやかな

今日

悪くはないが決して良くはなくて

さくら、春、些細な懸念

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」

ひかり

あたたかい螺旋 切り取られた木 ひとの手による光

かざり

何も身に付けず 丸裸の丸腰で 首飾り 耳飾り その他諸々の装飾具をも投げ捨てて 爪と歯と言葉だけが武器で 凶器で 更に狂気で 正方形に則った 淡い殺意だ 生ぬるい春だ

狂乱

誰も叫ばない 口に詰め込んだ砂糖が飲み込めなくて

はもの

切り捨てるため 切り捨てるため 切り捨てられるため の 刃が にぶっていて 私は悲しい こんなににぶっていては 切り落とすときとても痛い

飽食によせて

帰れずに 変えれずに でも最終的にそこへ行き着く

人の夜

匂いが触れる 匂いに光を見る 匂いに闇を見る

音が無い星で

私はあなたを選り抜きそして断罪する

おかえりもおやすみもおぼえていよう 忘れていよう

花火

悲しいはぱちぱち音をたてる炭酸水みたいにずっと生きている

鶴と亀が

うしろのしょうめん、