2017年夏の個人的よい買い物

www.kaldi.co.jp紅茶とパイナップルフレーバーのバランスがとてもよくてこの夏ずっと飲んでた。 7premium.jpセブンイレブン見つけるたびに3個くらいまとめ買いしてた。太った。いけない。 store.marksandweb.com ハーバルボディソープ ベルガモット/ペパーミ…

夏い

アイスコーヒーがおいしい時期になってしまったのでアイスコーヒーを楽しもう、暑いけど。

俗にいう自主的缶詰め

原稿連れて旅行に行ってきました。 デジタルでペン入れするのはもう仕方ないとして(Ctrl+Zなしではいられない)、下描きくらいは目に優しいアナログでやりたい…紙なら持ち運べるし…っていう理由もあり。 人目を忍びつつ行き帰りの新幹線で、宿泊先で、ずっ…

することがないわけじゃないけどすることがない

…と思う瞬間が一日の中で何回かあって、そういう時はコーヒーを淹れる。 ペーパーフィルターの端っこ折ってドリッパーに収めてコーヒーの粉入れてお湯注いで。お湯がもさもさと粉に吸い込まれていくのを見るのが好き。 一時期胃にポリープできてたので飲み過…

甘いものの代表例みたいなやつ

最近ちょっと感動したやつ。「明治 ザ・チョコレート」。読み方がわからなくて「テ…?」(紅茶味?)と思ったけど。おいしい。 パッケージがかわいくてつい買ったチョコレート pic.twitter.com/9c3fOsWj1U — シギサワカヤ@お前は俺を殺す気か④発売中 (@ktos_…

今週のお題「プレゼントしたい本」

年をとったワニの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈1〉 (福音館文庫 物語) 作者: レオポルドショヴォー,L´eopold Chauveau,出口裕弘 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2002/11/20 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (23件) を見る …

クリスタ用アナログっぽいブラシ

saiのペンの描き心地大好き!な私が、じわ…じわ…と「なんとかもうちょっとどうにかならないか…」とクリスタのペンの設定を約1年間いじくりまくった集大成を試しに公開してみようと思う。 id:ktos_sb の アナログ描くペン.sut (サンプル画像がこれなのがあれ…

なんかしてる

去年の夏に艦これイラスト本(現在COMIC ZINさんでのみ取り扱い中 ※在庫も!あるよ!)作った時の印刷屋さんのポイントが一年で失効してしまうのもあって「あっちょっ待って待って何か…何か作る…!」ってなってるんですねフフ早割とポイント使えば料金は抑え…

疲れ果ての果て

ご親切にも今どきは携帯に歩数計機能がついていて「一週間にこれだけ歩こう!君は今日これだけ歩いたよ!」を表示して下さるのだが、半分どころか3割位が平均の生活を送っておりまして、いけないいけない、しかし仕事は自宅、つまりは「いけない」………と思う…

効果トーン/きらきら

四角ふわきら 不穏でばかりはいられないのでたまにはきらっきら青春はじけなきゃ、なシーンもある。という訳できらきら。四角の中身は半透明の白、その周りはグレー、それ以外の部分は透明です。画面じゅうに散らすと何となくそれっぽくなります。たぶん。 …

効果トーン/不穏

10年以上不穏を描いていると自作不穏トーンもたまるというものです。故にそっと公開することにしました。繰り返したりはできませんが拡大縮小各種変形等々して、なかなか使い勝手の良い不穏トーンです。 「ザザー」 「ザザー」です。がっかりしたときにでも…

ブラシ/ガーゼぽんぽん

唐突に素材アップ。私の漫画の中で不穏な空気の描写によく使います。便利なのでそっと置いておこうと思いました。 ▼素材・透過pngファイル(右クリック>名前を付けて画像を保存) 因みに、Photoshopのブラシには登録できたのですが、クリスタは縮小されて登…

Windows10移行に際しての覚書をしようとしてもう忘れた

数日前のことなのに殆ど忘れましたが覚えてることを覚えているうちに(だからもっと早く書けばよかったのだ…)。 とはいえ乗り換え直後は「もしやもうずっとこのままなのでは…」などと色々と気疲れしてそれどころじゃなかったので今書くわけですけども。 取…

白泉社『楽園 Le Paradis』 第21号(2016/6/30発売)

「お前は俺を殺す気か」42p+表紙です。 最終回間近なテンション……とよくいわれますが、もう少しだけ続くんじゃよ…。 この最終回間近風味の、胃の痛そうな状況で芝さんにはあともうちょっと生き延びててもらおうという、ひどいありさまです。タイトル通りで…

過去を振り返りまとめようとする

まとめようとはした。 「仕事/掲載履歴」カテゴリの中身は「こんなのやったよ!やったよ!!」と、猫が獲物を飼い主の枕元にそっと置いていくが如くに世間にアピールするためもありますが、「あ、や…やった……気がするけど、いつだっけ?」となる私自身のため…

単行本等

※随時更新 連絡先 大変申し訳御座いませんが、諸事情によりメールアドレスを公開しておりません。もし御用の際は恐れ入りますが各出版社を通じてお願い致します。 ※現在新規でのお仕事のお引き受けはしておりません。 連載中 楽園 Le Paradis(白泉社/2、6…

ぱへ

お腹が一杯になるよパトラッシュデニーズにて マンゴーなんとか

外で仕事をする(期間限定の食べ物を求めながら)、の話

多分あのバーミヤンの「バー」じゃなくて「バ~」なあたりとか、「ヤン」の辺りがくるんくるんしてるのが なんとなく色香があるようなないような pic.twitter.com/IKPCe7twuN — シギサワカヤ (@ktos_tw) 2016年5月26日 なんだかんだいってこのバーミヤンの(…

アップルパイという響きの甘さ

小説や漫画で食べ物が書かれているのを見ると一気にそれが食べたいものになる、のでアップルパイ。アフタヌーンティールーム。アフタヌーンティールームという響きの「カフェ」っぷりの中に「喫茶店」の入り込む余地がない(気がする)。不動の「カフェー」…

シュウカツは踊る

花の名前を覚えるほどの興味はないが、花を見てうれしいとは思う。そういう「何かを事細かに正確に記憶する」のが苦手だ。漢字も英語も日本語もうろ覚えで生きている。そんな私だったので、資格の類いを一切取らずに、取れずに、就職時にも情けない思いで「…

パンが美味くて私はうれしい

弱っているときに食べる美味しいものは、心をグダグダに撫でてくるので「ええい余計なことしやがって…おいしいです」みたいな頭が上がらない感すごい。ふわふわの甘いやつ。食べ過ぎたら健康に良くなくて寿命縮めるやつ。……に支えられて生きてる。

おかしいな4月じゃねえか

何とも言いがたいのだが4月であった。4月の真っ只中だった。気が付いたらここにいた、みたいな感覚で4月。思った以上に、期待していた以上に、全然仕事が進んでなくても4月。おいおい前倒しを目指そうとかいう年始の誓い(私の内部で密かに存在してた)は何…

大人の生き方

おいしいしかわいいかつてはただ甘ったるいおうちのおやつ的だったルックチョコレート(個人的感想)が今時はこんなふうになるものかというひねくれた感想や、昔これが好きだった人はどうしてるかしら(真顔)等のしょっぱさがあったりなかったり pic.twitte…

思い出しフレッシュ

フレッシュネスバーガーの、今は無き葱味噌バーガーが好きだったが今はもう無いので、無いものは無いので、ベーコンオムレツバーガー。 帰り道、小学校の敷地の隅っこの桜の樹を見る。周囲より少し遅れて咲いてるやつ。夜闇の中、ぽむぽむした花のかたまり。…

旬のもの

そういえば「苺のコクテイル」やってみた「ブランデーと蜂蜜を同量ずつ混ぜてかけて、一時間ほど冷やして食べる直前にレモン」らしいが生憎とブランデーはないのでラム酒で代用苺の風味が引き立てられておいしい pic.twitter.com/m2rnw0YrMt— シギサワカヤ (…

雨が降るので武器がいる

雨が降っていて止んでまた降る予定なので、その隙間に買い物に行きあれこれ買い出し。引きこもりの準備。籠城の準備。 ついマクビティのチョコレートビスケットなども買ってみる。 明治 マクビティミルクチョコレート 12枚×5個 出版社/メーカー: 明治 メディ…

楽しい思い出とその残滓

歩き続けて暑くて疲れて新宿のはやしや。ほうじ茶ソフト(アイス)が好きなのだが、閉店間際のため抹茶アイス。 前に食べた店はなくなってしまったので、また遭遇できただけでも何となくうれしい。 お茶がおいしかった。 tabelog.com __ 因みに抹茶ソフトで…

きれいなものあつめ

きれいだなあきれいだなあと思って撮るたびにカシューみたいな感じのスマホのシャッター音を聞く。聞いたような。聞いてないような。それって、ガラケーのときの音じゃなかったっけ?でも、どうでもいいな。どうでもいいや。段々薄れていく記憶に、焦りも寂…

くぎり

1月1日ほどの効果を新年度にもあわよくば期待している。去年のことはいったん強制的に区切ろうぜ。背中にしょった荷物を若干置いていいことにしようぜ。という自分に都合のよい設定を自分のなかでだけ適用しよう、と、もやもやと計画する。取り敢えず最近あ…

軽率な地層

ものを捨てる。家から、物が、物理的に減ることでしか片付かないのでは…という現実に今更、気付いた。タオルってどのくらいまで使ったらいいの…とか、布もの捨てるなら掃除に使ってから…とか、そういうのがいい加減にめんどうになった。しかし吹っ切れきれず…